ガーデンネックレス横浜 2021
  1. トップ
  2. メイン会場のご案内
  3. みなとエリア

メイン会場のご案内

みなとエリア 花や緑と横浜らしい風景を楽しむ

サクラ

見頃:3月下旬~4月上旬

青い空、青い海に薄桃色のサクラが色を優しく添えます。
横浜ならではのサクラ模様をお楽しみください!

EVENT

FLOWER GARDEN 2021 3月26日(金)~4月18日(日)

今年は「Natural&Relax」をテーマに、4月18日(日)までの計24日間、春の訪れを感じられる一面のお花畑や芝生が広がるリラックスエリアを楽しめます。

問合せ
045-227-2002
場所
横浜赤レンガ倉庫イベント広場
主催
横浜赤レンガ倉庫

大岡川 3月26日(金)~4月11日(日)

3月26日(金)~4月11日(日)の期間、金、土、日曜日の18時~20時はライトアップ・ぼんぼり点灯をしています。※今後の状況によっては、実施内容を変更する場合があります。

区間
観音橋(横浜弘明寺商店街)~井土ヶ谷橋(市立蒔田中学校)
  • さくら通り

    みなとみらいの桜のシンボル通り。桜木町駅から横浜ランドマークタワー、パシフィコ横浜へと続く約500mに渡る100本もの桜並木。淡紅色の美しいソメイヨシノが毎年花を咲かせます。みなとみらいの風景と桜を同時に楽しめます。

  • 大岡川

    川沿いには桜のプロムナードが続き、川面に映る桜が流れに揺れて、幻想的な雰囲気を醸し出します。散り始めてからは、花筏が水紋を描く様を楽しめます。


    3月26日(金)~4月11日(日)の期間、金、土、日曜日の18時~20時はライトアップ・ぼんぼり点灯をしています。※今後の状況によっては、実施内容を変更する場合があります。

    区間
    観音橋(横浜弘明寺商店街)~井土ヶ谷橋(市立蒔田中学校)
  • 三溪園

    歴史的建造物と桜が調和し、古都の風情が漂う日本庭園。

    約175,000平方メートルの園内には、三重塔など京都や鎌倉などから集められた古建築17棟が点在、桜と調和した景観は古都を思わせる。大池を取り囲むように植えられた桜が水面に映り込み、散ったあとも花びらが花筏となって漂う趣のある風景が楽しめる。


    場所
    中区本牧三之谷58-1 045-621-0635
    交通
    JR京浜東北・根岸線根岸駅から市営バスで10分、バス停「本牧」下車、徒歩10分。横浜駅東口から市営バスで35分、バス停「三溪園入口」下車、徒歩5分。桜木町駅から市営バスで25分、バス停「三溪園入口」下車、徒歩5分。みなとみらい線元町・中華街駅4番出口・バス停「山下町」から市営バスで15分、バス停「三溪園入口」下車、徒歩5分。
    費用
    有料
  • 山下公園

    横浜ベイブリッジや港を行き交う船の眺め、海外との豊かな交流を感じさせるモニュメントや数多くの花も楽しめる横浜を代表する公園。角度によってマリンタワーやクラシックなホテルニューグランドと桜を同時に楽しむことができます。

  • 元町公園

    西洋館や山手80番館遺跡など、歴史的に貴重なものが数多くあり、異国情緒が色濃く感じられるスポットです。豊かな緑を背景に咲く桜も雰囲気たっぷりです。

  • 開港広場公園

    「日米和親条約」の調印の場として有名な広場。隣接する日本キリスト教会横浜海岸教会の敷地内にあるソメイヨシノは、市中心部の中でも早い時期に咲くことで知られています。教会の白と桜のピンクの組合せが可愛らしいスポットです。

  • カップヌードルミュージアムパーク

    カップヌードルミュージアムパークの角に立って国際橋を見た夜景はまるで夢の国のよう。「夜景×桜」という横浜らしい景色が楽しめます。

  • 汽車道

    運河と横浜ランドマークタワーや大観覧車を望め、海を渡るような気分で散策できる桜の名所。ビルにのぼって眺めれば、海の中を桜のレールが走っているようにも見えます。

  • 掃部山公園

    池を配した和風庭園があり、春はサクラの名所としても知られています。広場には、横浜開港に貢献した井伊直弼の銅像が、港を見守るように建てられています。

チューリップ

見頃:4月上旬~4月中旬

カラフルな30万本ものチューリップが市内各所に咲き誇ります。
花で彩られたフォトジェニックな街をお愉しみください!

EVENT

第43回 よこはま花と緑のスプリングフェア2021 4月9日(金)~4月11日(日)

色とりどりのチューリップが咲き誇る横浜公園をメイン会場に、季節の花々に彩られる日本大通り、産貿ホール「園芸館」、山下公園「花壇展」をめぐりながら花を満喫する横浜の春の風物詩。

時間
10時~16時(最終日15時まで)
場所
横浜公園(メイン会場)、産貿ホール、山下公園、日本大通り
※山下公園「花壇展」、日本大通り「日本花通り」は5/5(水・祝)まで終日開催
交通
最寄駅:JR・市営地下鉄「関内」駅、みなとみらい線「日本大通り」駅、「元町・中華街」駅
費用
無料※飲食・物販等は有料
主催
よこはま花と緑のスプリングフェア運営委員会

ラバーズタウンめぐり

横浜市限定品種の可愛いチューリップが横浜を彩ります。ぜひ咲いているところを探して、横浜ならではの景色と一緒に撮影をしてみてください。

「ラバーズタウン」は花弁の上部にフリルが入り、咲きながら白色からピンク色へ花色が変化する移り咲きの品種です。

※「ラバーズタウン」は港の見える丘公園、アメリカ山公園、元町公園、山手公園、山手イタリア山庭園、里山ガーデンでもご覧いただけます。

  • 横浜公園

    色鮮やかな12万本のチューリップ

    色とりどりのチューリップの競演。横浜公園の春を彩ります。横浜スタジアムのデッキからの眺めもGood!

  • 山下公園

    球根ミックス花壇

    チューリップ、スイセン、ムスカリなどの春咲き球根を混ぜてランダムにばらまく花壇。次々と変化する魅力的な景色を長く楽しめます。

  • 新港中央広場

    風に揺れるナチュラルガーデン

    みなとみらい新港地区に広がる、花と緑に囲まれた芝生のガーデン。チューリップや可愛い花々が赤レンガ倉庫を背景に、横浜の景色をつくります。

  • 日本大通り

    チューリップを中心に彩る400mの花回廊

    パステルカラーの色彩による32品種約30,000球のチューリップが横浜公園から横浜港へと続くチューリップの花回廊として、歴史的建造物やオープンカフェがならぶ日本大通りを彩ります。

ユリ

見頃:5月中旬〜6月下旬

日本産のユリや世界中から来たユリが、
次々とリレーのように咲き続けます。

  • 日本大通り

    イチョウ並木の下を日本のユリが彩ります。

  • 新港中央広場

    様々な品種の西洋のユリが咲き誇ります。